ホームページ制作後記|有限会社 コバヤシ

ホームページ制作後記 取材を通して - 制作スタッフより 

Column
  

生粋の職人気質
   
 コバヤシさんは、「技能および受賞歴」のページをご覧頂ければおわかりのとおり、数々の大賞を受賞された実力と腕前の持ち主であります。当ホームページに掲載させて頂いた賞状、受賞トロフィーや盾は、実はほんのごく一部で、もっともっとたくさん撮影させて頂きました。知れば知るほど、ものすごい実力のある職人さんであることがわかります。  

 ある日の取材で、こんなことを話してくださいました。  

 

◇◇◇

受賞した記念トロフィー・盾の数々

数々の受賞歴をもつコバヤシさん。しかし、決してそれをひけらかすことなく謙虚である。亡き先代が賞状やトロフィー・盾を大事にまとめて保管なさっていたそうで、照れながらそれらを見せてくれた。先代にとって自慢の息子さんだったに違いない。

   

 とある技能競技大会で1位を獲得した直後、テレビ東京の番組制作関係者の目に留まり、「TVチャンピオン 全国大工王選手権」出演の白羽の矢が立ったそうです。  

 番組制作関係者はコバヤシさんの下に何度か足を運び、コバヤシ様も出場する方向でいたそうですが、打ち合わせを重ね、ある時点でその企画を聞かされたそうです。  

 「優勝決定戦は犬小屋を作って頂き、そして、犬に優勝を決めさせます。犬はテレビ慣れしている犬を出演させるので、シナリオでコバヤシさんに優勝させるように持っていきますから…」  





 …その関係者なりの、コバヤシさんのような名匠への計らいもわからなくはありません。犬が複数ある犬小屋の中の1つを選ぶのは、「居住性」はあるかもしれませんが、外観や内装などの「スタイル」や「機能性」などといった、人が住まいを設計したり選定したりするときに重点を置く基準はなく、むしろ「偶発的」と言っても過言ではないでしょうか。まして、あくまでもたとえばの話ですが、犬小屋の中に犬の好きな食べ物や匂いでも仕込んでおけばシナリオ作りは簡単です。  

 思いあぐねた結果、「演者」としてではなく、「職人」として出場したかった、という気持ちから、コバヤシさんは見事に綺麗さっぱりと辞退されたそうです。